心理士

心理士の重要性

心理の資格は国家資格ではなく、民間資格に限られています。
特に有名な専門資格として、臨床心理士が挙げられるでしょう。
資格認定協会が認めた指定大学院を修了した後、
臨床心理士を取得するための受験に合格する必要があります。

臨床心理士の活躍の場は幅広く、医療現場や教育現場、
司法や矯正の場、企業や職場など様々。

東日本大震災などの地震や災害の際などの緊急支援や心のケアに対するニーズも高まっています。
その他にも、企業や職場での相談を受け付ける産業カウンセラーや学校場面で支援をする教育カウンセラー、
学校心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士などが考えられます。

教育現場においては、行政にもよりますが、
上に挙げた資格があることでスクールカウンセラーとして働くことも可能です。

昨今、話題となっている発達障害への対応も期待されています。
いずれも各々の学会が認定した研修や実習を受けることが必要であり、
資格を持つことで一定の能力があること(大学院卒業資格があること)と判断されます。

moyou

心理の国家資格化

現在、心理の国家資格化への期待が大きく、
幅広いニーズに応えられる心理士の育成についての具体的な動きも出てきているようです。
各学会で連携を取り、国会への働きかけも進んでいます。

心理士の国家資格が実現化することで、
今まで非常勤で働いてきていた心理士の待遇改善が求められているのです。
国家資格ではないために、医療現場では診療点数には加算されません。
したがって、なかなか積極的には活用されてこなかった現実があります。

国家資格になることで、医療職として認められること、
給与面などの待遇が良くなることが期待されています。

震災後、特に心のケアに関するニーズが高まっており、
心理を学ぶ方も増えてきているようです。

実際、被災地での需要が多く、
カウンセラーの供給が間に合っていない現状から目を背けてはいけません。
心理学の知識については、
通信教育や独力で学ぶ方も多く、やはり学ぶ内容にも差が出てきてしまいます。

国家資格となることで、求められる能力が基準として公になることも期待できます。
心理士の資格については、今後の動きを見守ることが必要でしょう。