応用心理士

資格取得に関する条件

応用心理士とは、日本応用心理学会が認定している資格です。
学会の会員を対象として認定している資格で、
一定の業績を持っていることで資格が与えられます。

応用心理士の資格を取得すると、
個人並びに集団の心理学的指導に努力している人を認定して、
社会的地位を承認するために資格が貢献してくれます。

ところで応用心理士になるためにはどのような条件をクリアしないといけないのでしょうか?
まず基本的な条件として、日本応用心理学会の会員であることです。
しかも入会してから2年以上経過していないと、資格は取得できません。

その上で、以下の3つの項目のいずれかに該当する必要があります。
1つ目は、大学で心理学の専攻もしくは準ずる学科で卒業した人です。
学士以上の学位を取得していないといけません。

2つ目の条件は、日本応用心理学会の発行する機関誌に、
研究論文を共著含め1件以上発表した人です。
もしくは学会の年次大会の中で、連名発表者以外で2件以上の研究論文を発表した人です。

最後の条件は、3年以上の関連するジャンルで実務経験を持っている人です。
この条件を満たすかどうかは、日本応用心理学会の認定審査委員会が判断をします。

応用心理士の資格は、学会の会員でないと資格は持てません。
何らかの理由で学会を退会した場合、応用心理士の資格も失効しますので注意してください。

moyou

応用心理師としての活動

応用心理士は資格ではありますが、免許ではないので混同のないようにしてください。
この点はほかにもいろいろとある心理学関係の資格も同様です。

免許と資格の違いに関してですが、免許は法律によって独占業務になります。
しかし資格であれば個人の技術や経験が認定されただけで、独占業務にはならないわけです。
それでも資格のあった方が客観的な能力の証明になるので、活躍する機会は増えます。

では応用心理士の資格を生かした活動する場合、どのような職場が候補として考えられるでしょうか?
人間心理の専門家なので、ひとのいるところ、人間関係のある所であれば就職先の候補にはなりえます。

会社に就職して、人事や労務関係の部署で仕事をする方法もあります。
また医療関係に就職して、患者や病院職員の悩みの相談に乗るという方法もあります。
スクールカウンセラーのような教育関連の世界に活路を見いだしている人もいます。

実際日本応用心理学会で発行しているニュースレターを見ると、
さまざまな方面で活躍できる可能性のあることがわかります。

中には鑑別所の専門官や大学教授の原稿も紹介されていて、
幾通りもの活躍の方法があります。
カウンセリングをして、
独立開業している応用心理士も出てきているので自分に合ったキャリアプランが作りやすいです。