セルフ・プレゼンテーション

ビジネスマン

プレゼンテーションの概要

大切なことを伝えたい時に、
どのように話したらそれができるのだろうかと誰もが考えるかと思います。
自分で想像しているように、必ずしも相手に伝わっているとは限りません。

気が付かない内に、
こちらが望んでいるように相手に伝わっていないこともあります。
その原因は色々あるのですが、
こちらが相手に知らず知らずの内に与えてしまっているあなたのイメージも、
もしかしたら影響しているかもしれません。

なぜなら、人は何かメッセージを受け取る時、
その話しの内容や声の雰囲気だけでなく、
それを提供している人を
見た目から入ってくる情報にも大きく左右されてしまうからです。

話しの内容、声、語り手の見た目や
雰囲気など総合的なことがプレゼンテーションを行っているのです。

「セルフプレゼンテーション」とは、
相手に持たれる自分のイメージをこちらが意図的に変える方法のことを言います。

つまり、まず自分が相手や周りの人から、
どのような人間であると思われたいのかを考えます。

ある人は真面目で信頼できる人間像かもしれませんし、
またある人はユニークで一緒にいると楽しい人だと思われたいと願うかもしれません。

またある人は、
頭が良くて知的な人だと思ってほしいと思うかもしれません。
そんな切なる希望を叶えるべく、
「セルフプレゼンテーション」が必要なのです。

惹きつける何か、とは

確かに、特別何もしなくてもなぜか人から好かれたり一目置かれるような人もいます。
惹きつける何かを持っている人が確かに存在しています。

しかし、多くの場合はそうではありません。
何らかの努力をしてそういった自分像を手にしているのです。

ですから、もし今あなたがこんな風に人から見られたいなどと考えているのなら、
是非そう思ってもらえるように頑張ってみてください。

言葉やアクション、洋服のセンスから姿勢、
眼差し、持ち物等気を付けようと思えばいくらでもそれができるのです。

また、中には直接会ってビジネスをしている方ばかりではなく、
電話やネット上のやり取りが多い方もいらっしゃると思います。

もちろん、
そういった場合もこのセルフプレゼンテーションは必要になってきます。
話し方や声のトーン、
文章の書き方など色々気を付けるべきことはあります。

むしろ、視覚がないからこそより
丁寧な対応や心配りが必要になってくるとも言えるのかもしれません。

セルフ・プレゼンテーションを使う場

セルフプレゼンテーションは、何もビジネス上だけに活きてくるものではありません。

普段の近所付き合いや地区活動、
ママ友上の付き合いであったりと、色々なところで役だってきます。

印象は良い方がやはり得。
誰だって自分を良く見せたいんです。

でも、それができる人とできていない人がいる事実。
心当たりがある方は、これを気に学んでみても良いでしょう。