自己スキーマ

ハートを抱えた女性

自分のことをどれだけ知っていますか?

あなたは自分がどのような人間だと思っていらっしゃいますか?
人はそれぞれ、性格が異なっています。

それに、好きなものもあれば苦手だと感じるものもあります。
また、自分の性格に所謂コンプレックスのようなものがある方も少なくないでしょう。

例えば飽きっぽいとか、初めて会う人にはとても緊張してしまうなど、
自分でも良くないと思う部分もあったりするものです。

その反面、自分でも良いと思えるところもあるはずです。
また、綺麗好きでいつも部屋の中は片付いているとか、
一人でポツンとしている人を目にすると
声をかけてあげたくなる優しさを持っているなど、
人に誇れるような面もやはりあるはずなのです。

自分で自分の性格を判断すること。
それは、過去の経験や歴史などから作られて行くものです。

人は、同じ物を見てもそれぞれそれについての感じ方や考え方は異なります。
そして、自分にとって重要なことだと判断したものについては、
それについて話題にする頻度も上がります。

例えば、自分が英語が得意だと思っていれば、
また英語の発音が良いと褒められたとか、
良い点数をとったなどとよく話します。

将来アメリカ留学をしたいと考えていれば、
そういった話題が上がった時に積極的に会話の中に入ろうとするでしょう。

しかし、
自分が得意と思っていないことやどうでも良いと思っていることについては、
あまり口にしないですし、
話題が上がった時も積極的に輪に入ろうとはしないと思います。

自分が綺麗好きだと思っていれば、それについての話しもよくするかもしれません。
特に掃除を褒められた話しを何度もしている場合もあるでしょう。

自己スキーマとは

「自己スキーマ」は、簡単に言ってしまえば、
自分に対する自分の見方です。
そして、それは時に自分だけでなく
他人についての情報にも影響してくることがあります。

自己スキーマは、必ずしも正しいとは限りません。
時に自分で勝手に良くも悪くも思い込んでいるような場合もあります。

それでも、情報の中心にそれがある為、
ふとした時にすぐに思いつき口にしてしまうのです。
そして、何かを見る時に認知に影響してしまうこともあるのです。

自己スキーマのメリット

自己スキーマが作られると、
自分について誰かに紹介することができるようになります。
そして、この先自分がどのようなアクションを起こしていくのか、
どのようなことをするのか想像することができるようになります。

誰かと話しをしている時に、相手が度々話題にしていることがあった場合、
それから相手の興味があることが分かったりしてきます。

興味が無いことは、わざわざそう何度も話したりしないからです。
反対に、あなたが何度も話題にしているそれも、
あなたが興味があることなのだと相手は認識しているかもしれません。