音楽療法士

音楽療法士という魅力ある仕事

身体、精神上に問題を抱えている方、障害をお持ちの方、そんな方に対し音楽の力を利用し、心地よいリハビリを行ったり、機能回復、日常生活の向上のための療法を行うのが音楽療法士です。

自閉症の方や脳性まひなどの方は、常にリハビリが必要という事が多いです。
コミュニケーションをうまく取れない自閉症の方でも、音楽が鳴ると自然と体を動かし、いつもよりうまくコミュニケーションがとれることもあります。

クラシック音楽を聴かせながらリハビリを行うなどの受動的音楽療法、音楽、リズムに合わせて体を動かしたり歌を歌うなど能動的音楽療法などがあります。
年齢にも性別にも全く関係なく楽しみながらできる音楽療法は今、さまざまな業界から注目されています。

特に少子高齢化、超高齢化社会となっている日本では認知症の方々に音楽療法をうまく利用できるのではないかと、様々な取組が行われています。
音楽を利用しているので、リハビリなどされる方もたのしく、気持よくできるという事がこの音楽療法の素敵なところです。

国家資格はないけれど民間資格がある

この音楽療法士という資格には国家資格がありません。
ただ民間資格があり、その中でも知名度が高い資格が、日本音楽療法学会の認定音楽療法士という資格です。

この認定音楽療法士になるためには、まず高校を卒業し大学や短大、専門学校等で学び、医療福祉などの現場で5年以上の臨床経験を積む必要があります。
それから、日本音楽療法学会の講習会に参加する必要もあるので、簡単に取得できるという民間資格ではありません。

ある程度の期間が必要ですし、心のケアという事も含まれている音楽療法士は音楽の力で心をケアするというところまでしっかり勉強しなければならず、医療系の勉強や介護、保健などの勉強に加えて、精神学的な勉強も必要となります。

非常に幅広い知識ともちろん音楽の知識、技術も必要となるため、他の資格と比較して時間もかかりますし、難しい資格取得となりますが、取得されると様々な場所に就職の希望をもつこともできますし、海外ではメジャーな資格なので海外で活躍するという事も夢ではないでしょう。

将来を考える中でほかの資格と併用することが求められる

診療心理士の資格を持ちながら音楽療法士の資格を取得し現場に役立てているなど、音楽療法士として国内でこの資格のみで働く先を探すのは現段階で難しいといわれています。
しかしこの先、介護や保健施設などが多くなっていくという事も言われていますので、決して暗い道という事もないでしょう。

障害をお持ちの方の日常を助ける事が出来、リハビリなど、人の役に立つことのできる尊い仕事です。
是非取得されてしっかり活躍していただきたいと願います。