努力逆転の法則

努力しているのに常に空回りという人がいる

努力は必ず報われるというのは、若い人にとってあるアイドルグループを支えてきたリーダー的な方が涙ながらに話した言葉として記憶されているかもしれません。
でも本当に努力しているのに、努力が全く実らないという経験を持っている方もいます。

努力しなさい、努力していればきっといつかよかったと思えるからといわれても本当に努力だけで人の上に立つことが出来たり、またスポーツ選手なら努力した人が誰でも金メダルをとる事が出来る、ということはありえないと理解されているでしょう。

確かに努力が報われたと感じている成功者がいますし、全く報われなかった・・・と感じている人がいることも間違いありません。
努力が報われる人と、報われない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

知っておきたい努力逆転の法則とは

努力逆転の法則というのは、努力すればするほどに努力の成果と反対方向の結果になってしまうという法則です。
もっともっと頑張らなくてはと思っていると、それに反して失敗したり、報われないという想像力を働かせてしまいます。

意思の力、そして想像する力、この力のうち、想像する力の方が勝ってしまった時、努力とは逆の方向の結果となるというのが、努力逆転の法則です。
この経験をされている方はかなり多いと想像できます。

何度も失敗した資格試験、必死に勉強して努力したという現実が自分にある、でも、自分の心の中には最終的に今回も合格できないだろうという気持ちが不安として渦巻いている、結果、努力は報われず合格できないという事になる、こうした経験はきっと誰もがしている経験です。

努力逆転の法則をうまく利用して結果を出す

努力をしてそのイメージをしっかり植え付け、想像力についても成功している方に持っていくためにはどのような事が必要なのか、そこには自分が最も求めている結果が目標として定まっていなくてはなりません。

資格試験についても本当にこの先、必要となる資格という事であれば、絶対に掴み取りたい資格として認識し、今回こそ受かる!!と強く信じること、イメージする事が出来ます。
でも合格しなくても仕方ないや、高望みだったよねと、取得するという最大の目標へ願いが弱ければ弱いほど、合格しないイメージが勝ってしまいます。

まずは合格することが必要、絶対に合格するというイメージ、合格しその資格をもっていきいきと働く未来の輝ける自分を創造します。
すると絶対にこうなるんだという気持ちをより強く持つことができます。

最初にプラスのイメージを気持ちの中にしっかりと埋め込んで、その上で努力を重ね事実を作る、これほどの努力をしているのだから絶対に受かるというイメージを、最初からプラス思考で臨むことで持つことができるのです。

自分なんて・・・ではなく、自分だからこそできる、合格なんて無理・・・ではなく絶対に合格しかありえない!こうした考え方をすることで努力逆転の法則を活用したビジネス、生活を送る事が出来るようになります。