ラポールとはどんな心理学テクニック

卵

ラポールとは何か

心理学の中で人と人との関係性を良好にする言葉として
「ラポール」という言葉があります。
非常に抽象的な言葉で深く理解し、
ラポールを使いこなしている人は少ないのですが、

ラポールをしっかりと理解し生活の中に活かしていくことで、
人間関係を良好に保つ、築くことができるのです。

言葉の意味だけを調べると親密な関係とか信頼関係という意味です。
橋を架けるというフランス語の解釈を見ても、
ラポールがお互いを理解しあっているという意味の言葉だという事がわかります。

信頼関係が形成されるとき、それがラポールの形成です。
相手の方と打ち解けた状態になり、相手と一緒にいることが楽しい、
安心できると感じる時、ラポールの状態といえます。

その時、相手の方もあなたに対し同じように安心し、
信頼している相互関係が成り立っています。

このラポールの構築は相手の方が例えば家族である、
友達である、先輩や同僚、上司であっても同じです。
人と一緒に過ごすとき、
信頼性をもって時間を共有できるという事はとても大切な事です。

ラポールの本来の意味

ラポールは今一般的に言葉として利用されることも多いのですが、
ラポールについては古くから精神感応といわれ、
心と心が通じ合っているという事を挿しています。

例えば夫婦間で今日は餃子が食べたいなと思っていたら、
夫、若しくは妻も餃子が食べたいと思っている、
といった感じを精神感応といいます。

信頼関係を築くという事がラポールであるなら、
相手に対して誠実に約束路守るといった行動と考えがちですが、
ラポールは理屈や行動によってのものではなく、
心の感覚が近いと考えるとわかりやすいでしょう。

長い期間一緒にいたわけではない、
友達として付き合いが長いわけじゃないけれど、
気が合うなと感じることがある、という感覚がラポールで、
自然に形成されることが多いのです。

ラポールを築きたい

相手の方との信頼関係を円滑に結ぶことができるという事は、
生きていく中で非常にプラスになる事です。
ラポールを築けるようにするためには4つのテクニックを理解しましょう。

まず相手のしぐさなどをまねてみるという行動です。

この人と信頼関係を得たいなと思う相手と一緒にいる時、
相手の方と同じ行動、しぐさをしてみる、
これによって次第にミラーリングが出来るようになります。

夫婦も長く一緒にいると似てくる……なんていいますが、
これは長年一緒にいてお互いに信頼関係が結ばれてくることで、
似通ってくる、つまりミラーリングされてくるという事です。

ただこの場合、夫婦で一緒にいる時間が長いという事もありますし、
お互いに心を許しあっている相手なので問題ありませんが、
他人である場合、
相手に自分が相手のしぐさなどを真似しているとわかると不快感を覚える方もいるので、
あくまでも自然に・・・という事が前提です。

相手の話のリズムに同調する、これも一種のミラーリングといえます。
ただ会話の中で相手の話し方に合わせるという事になるので少々なれるまで時間がかかるでしょう。

次に相手の心理状態について言葉ではなく声のトーンだったり表情から読み取るというテクニックがあります。
表情や声のトーン、呼吸、姿勢、仕草などから相手がどう思って今を過ごしているのかを読み取ります。

最後に、相手の言葉をオウム返しするバックトラッキングというテクニックです。
相手が話した言葉、伝えたい言葉をこちらからオウム返しすることで、
相手は自分の話をしっかり聞いてくれていると安心します。

相手は自分に話を聴いてほしいんだなと思う時、
このテクニックを利用するとラポールができるようになります。