ピグマリオン効果とはどんな心理学テクニック

上司として、先輩としてできる人を伸ばす言葉

4月になると学校、オフィス等に新入社員、新入生が見られ、
若々しい人たちを見ると何となく関係ない立場にいても気持ちがわくわくするものです。

しかし、4月は意気揚々と会社、学校に通うのですが、
5月になると五月病などというように、少しずつ学校や職場にも慣れてきて、
周囲の評価などが気になり不安になってしまう事から、この仕事があっていないんじゃないか、
学校に行くのが嫌だな、などマイナスに考える事が多くなってしまうのです。

さて、そんな時、上司、また親、
教師として悩む若者にしっかりとアドバイスしてあげたいものですが、
どのような言葉が必要なのか、
どのような心がけでお話しすればいいのでしょうか。

ここで考えておきたいのは、
誰かから期待される方が成果を発揮する事が出来るという説、
「ピグマリオン効果」です。

ピグマリオン効果はアメリカの教育心理学者の
「ローゼンタール」という人物が1960年代に説いた説です。

ピグマリオン効果とは

教育心理学者であるローゼンタールは、
ある学校の小学生に知能テストを実施しました。
このうち「無作為」に数名の生徒を指定し、
「この子たちは伸びる」と教師たちに嘘の情報を伝えました。

教師たちはこれを信用し、その子たちに勉強ができる可能性がある事、
将来もっと賢くなる可能性があると期待を込めて指導したのです。

すると驚いたことにその子たちはぐんぐんと成績を伸ばしていったというのです。
嘘の情報なのに、期待を込めて始動したことでそれが成績向上という効果として現れたという事なのです。

ピグマリオンというのはなにかというと、
ギリシャ神話に出てくるキプロスという国の王の名です。
彼は自分で創作した彫像の女性に恋してしまい、
この彫像の女性を妻にしたいと心から願うようになります。

この強い愛情と熱心さに心打たれた愛と美の女神「アフロディテ」はその彫像を本当の女性に生まれ変わらせて、
ピグマリオンの夢を実現させたといいます。

学びの場、指導の場、仕事の場などで「あなたはこういう所が素晴らしい、
努力すればもっともっと素晴らしい力を発揮するよ」と応援されるとその言葉を信じ、
もっともっとよくなろう、もっともっと努力してうまくなろうとするため、
必ず力は向上する、これこそ、ピグマリオン効果です。

こうした効果をうまく使い、
人をぐんぐん伸ばしていくことができることが教育心理学的にもわかっているのですから、
職場、学校等でも活用していくべきでしょう。

ピグマリオン効果の逆の効果、つまり人に全く期待されずダメだ、
ダメだと劣等感だけを与えられると、
勉強しても成績が下がっていく、また能力も落ちていくといわれます。

これはゴーレム効果と呼ばれるものです。