ヤーキース・ドットソンの法則とはどんな心理学テクニック

ハイパフォーマンスに必要な適度な刺激、それがヤーキース・ドットソンの法則

ねずみを用いた実験である法則を見いだしたのが
心理学者のロバート・ヤーキース、そしてJ・D・ドットソンです。

彼らの実験はねずみに黒、白の目印を付けてそれを判別できるよう訓練し、
もしもねずみが区別を間違えたら電気ショックを流す、
つまり区別の学習を刺激によって行ったのです。

電気ショックの程度については強弱を変えます。
これによってわかったことは電気ショックが強くなるほど正答率が高くなる、
しかし、最適な強さ以上になると正答率が低くなるという事が判明しました。

電気ショックが適度な強さであれば区別するという学習ができる、
しかしその度合いが強くなりすぎる、
また弱いと逆に学習能力が低下するという事がわかったのです。

これが彼らの研究によって導き出したヤーキース・ドットソンの法則です。

何を学習するのか、また学習以外でもその内容の難易度によって刺激、
角錐状態の程度が決まります。

課題が難しい時には「刺激・覚醒状態を低く」して、
リラックスした状態で挑む方がより効果が出てくる、
課題がやさしい時には、「刺激・覚醒状態を高く」して、
少し緊張状態にして挑む方が学習効果も高くなるといわれているのです。

日常生活でも感じられるヤーキース・ドットソンの法則

すごく興味がある事については集中して挑むことができ覚えも早い、
興味がないと集中して行う事も出来ず覚えも遅くなる、
また仕事についても納期まで間があるとやる気にならない、
でも納期が近くなると今までが嘘のように集中力を出して乗り切る事が出来る、
こうしたことは誰もが感じていることでしょう。

余りにも自分にとって重責すぎると感じる事、大きなストレスと思う事をする場合、
ひどくエネルギーを使って疲労困ぱいする割には効果が出てこないという事もあります。

このヤーキース・ドットソンの法則を理解すると、仕事や学習、スポーツ、
さらに日常生活の中で、どのようにすればモチベーションを上げてよい仕事、
業務、暮らしができるのか、利用する事も出来るのです。

よりよい生活、ぐっとパフォーマンスを向上させるために

ヤーキース・ドットソンの法則を利用して、学習能力を向上させたり、
モチベーションの高い学習、
またよりよい生活に利用していくためにたとえば自分にご褒美を設定するという事もできます。

ほとんど興味がない事、でも頑張らないといけないこと、そういう事がある時、
もしもできたら、もしも成績が向上したら、
もしもこの記録まで達成できたら・・・自分にご褒美を設定するのです。

誰かに約束と取り付けてもいいでしょう。

ただ気を付けたいのは刺激や覚醒が高いほど、
ストレスを感じやすいという点です。
ストレスとなってもうまく「逃せる」リラクゼーションについても、
自分で身に着けておくといいでしょう。