ピンクが好きなあなたは

ドラゴンフルーツ

ピンクが好きなあなたのイメージは?

ピンク色、桃色…この色を好む人は、
優しくて柔らかく、朗らかで愛らしい…
とても女性的なイメージを抱かれていることが多いです。

同様に、そういうタイプの人が率先してチョイスするカラーでもありますし、
そうなりたいと思っている人が意識的・無意識的にも手を伸ばすカラーでもあるのです。

ピンク色には、幸せや優しさなどの気持ちを与え、
リラックスや安心を促す効果がふあります。

ピンクを好むあなたの印象も、このようなものである場合が多いです。

周囲の人からは、心も身体も若く、
愛らしさや安らぎを提供する癒しの存在として見られていることが多いでしょう。
愛情を求められることも多くなります。

また、緊張を和らげ、安心した暖かな空間作りに貢献している場合も。
女性らしさだけではなく、ピンク色はときに母性を象徴するカラーにもなりますから、
どこか懐かしさや親しみやすさを抱きやすいカラーにもなれるというわけです。

美しくなるために必要なカラーであることも関係しているでしょう。
血行の良い肌の色、健康的な人の肌の色、
潤いや温度の安定した人間の色合いもまたピンク色です。

女性ホルモンの分泌を助けてくれるため、
ふと女性らしい仕草が増えているのもピンクを好む人の特徴となっています。

ピンクを好むあなたの性格は?

ピンクを選ぶあなたは、自分から愛するより、
人から愛されたいタイプ。

愛情や気遣いを与えるより、与えてほしいと願い、
そのために行動していくことが出来るため、
愛されキャラとなることも多いでしょう。

また、自分を本来よりも弱くみせ、人の気を引く力に長けており、
これらの言動を無意識のうちに計算して行っている場合もあります。

自分を魅力的に見せたいという気持ちが大きく、
そのための効率良い方法を常に思案している節があります。

甘え上手でおねだり上手、トークセンスがあり、褒め上手な部分もあります。

敵を作るタイプではありますが、
味方を作るのも上手で、完全に孤立してしまうことは少ないでしょう。

年齢が上がったり、結婚や出産などの人生の変化を経てからも、
どこかでロマンチック、夢見がちなところを忘れられない人です。

少女らしさというといかにも女性ですが、男性でいえば、
繊細な感性を持ち、音楽や絵画などに造詣が深い場合も多いのです。

一方で、不安定さや弱さを持ち合わせている部分があります。
豊かな感受性が、時に繊細すぎてバランスを崩し、
コントロールが難しくなってしまう場合も。

ピンク色は基本的にマイナスイメージを持たないカラーではありますが、
過度に存在することで不快感を得ることがあるため、
感性の部分でもさじ加減が重要になってくると言えるでしょう。