紫が好きなあなたは

紫

紫色を好むあなたの印象は?

日本では、かつて地位が高く、
品のある人が身に付ける色として大切にされていた紫色。

現代でも同様で、紫色を好んで身に付けるあなたのイメージは、上品で丁寧、
神秘的でどこかミステリアスな雰囲気を持っている人と言えるでしょう。

繊細な感受性の持ち味で、デリケートな部分が大きく、
普段は謎に包まれているイメージです。

強い芯や意志を持ち、根底にあるのはパッションですが、
表面的にそれを表すタイプではないため、
物静かな印象を受ける人も多いようです。

美的センスがあり、ファッション方面や芸術分野への造詣が深く、
崇高なイメージを持っています。

趣味や話題が合う人との会話は盛り上がりますが、
そうではない人との集まりの場合、
そこまで積極的に会話に絡んでくるタイプだとは思われていません。

センスがあるため、ちょっとした言葉運びや会話のリードから、
「大人っぽい」という評価を得ることが多くなっていくでしょう。

神秘的なイメージが強いためか、
身体的や精神的にあまり丈夫ではないと思われることもあります。

感性が鋭く、プライドが高いため、外野はあなたの間違いを指摘したり、
アドバイスや意見を提示するのをためらってしまう場合もあるでしょう。

厳かで丁寧な物腰をしているため、
上司や先輩など、目上の人からの評価は高くなります。

紫色を好むあなたの性格は?

独特の感性と、繊細な感受性を持っているため、
無意識のうちに「自分は他人に理解されにくい」という感覚を抱いている場合があります。

ミステリアスな雰囲気を持っているため、
一人で行動しようするところを止める人がいないので、
しばしば一匹狼のような立ち位置になります。

他人をあまり信用しませんが、
信頼した人に対しては、心から尽くすことができる深い愛情を持っています。

団体行動よりは個人行動の方が得意ですが、
独自の立ち位置を有しているため、
グループ行動そのものが苦手というわけではありません。

一人でいるとついいろいろな方向に彷徨ってしまうこともありますが、
メンバーがいることで落ち着いた視点を持ち、
アドバイザー的な立ち位置を獲得していることも。

直感が冴えているため、
考えすぎている場合は感性に従うのが良いこともあります。
他人とは違った視点を持っているため、
ほかの人には成し得ないようなことに手を伸ばしたがる傾向があります。

うるさいものや下品なものなどはあまり好まず、
高いところを見つめるのが好きです。
何かをバカにするというより、
好きなものや憧れもの以外に、基本的に目を向けないタイプです。

その一方で、他者の本質を見つめる力に長けています。
自分から積極的に話かけていくことはありませんが、
馬があった人とは深い関係を築いていくことができる長所があるでしょう。