紫が持つ効果

イルミネーション

紫色の使い方

クリエイティブな仕事をされている方も多いかと思います。

アイデアが思い浮かばず壁にぶち当たってしまったり、
スランプに陥ってしまうことも時にはあるのではないでしょうか?
何かを生み出すということは、
どんな分野であっても容易なことではありません。

そんな時は、「紫」がもつパワーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

紫色には、インスピレーションを高めてくれるといった効果もありますので、
落ち着いて完成を研ぎ澄ませた時にはぴったりのカラーだと言えます。
想像力をアップさせて、良いアイデアが出せるようになるかもしれません。

また、不安がなかなか消えてくれない時や、
緊張して眠れない時などにもオススメのカラー。
紫色と言えば、ラベンダーを思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、
ラベンダーには神経を安定させてくれる働きもあると言われていますから、
色的に見ても効能を見ても、
緊張をほどいてリラックスしたり眠れない方に良いハーブとも言えるでしょう。

シーツを薄めの紫にしてみるのも良いでしょう。
快眠効果があると聞きます。

また紫色には、優雅なイメージや高貴なイメージ、
そしてミステリアスな印象もあります。

こんな時には要注意

しかし、その反面ネガティブな印象もあります。
紫色にはどうしても下品なイメージを抱く方もいますので、
取り入れる際には注意が必要です。
上品にも下品にも見えてしまう紫。

ファッションに取り入れる際には、
全体的なバランスを考えてコーディネートをすることはもちろんですが、
自分に似合っているかどうかチェックが必要です。

お洒落する時は、あまり紫だらけにするのではなく、
ワンポイントにするなど差し色として用いるのが
紫を使う際の失敗しないコツです。

こうすることでより高級感を出すことができますし、
上品に見せてくれます。

紫色は女性がファッションに上手に使うとセクシーにも見えますし、
エレガントな雰囲気も出すことができます。

しかし、このような理由から着こなしが難しい色とも言えます。
是非、研究してコーディネートしてみてください。

紫色が選ばれるシチュエーション

数あるカラーの中で、なぜか紫色を選びたくなる時があります。
いつもは違う色が好きなのに、
なぜか紫色に心が魅かれてしまうような時です。

そういう時は、肉体的精神的に疲れている場合も少なくありません。

紫には、回復機能もアップさせてくれる働きが期待されています。
ですから、本能的に紫がいいなと感じるのでしょう。

紫色を楽しめる食材も色々あります。
ハーブティーの中にも綺麗な紫色のものがありますし、
他にも紫芋やブルーベリー、葡萄、茄子など様々。

こういった物を選んで食べてみるのも良いでしょう。
気持ちも安定してくるのではないでしょうか?