黄色が持つ効果

ひよこのケーキ

黄色が持つ視覚効果とは?

黄色は有彩色の中で、最も明るいカラーです。
太陽や自然の光に一番近いカラーでもあるため、
親しみやすく、元気で楽しいイメージや気分を与えてくれるカラーです。

黄色には、交感神経や副交感神経を刺激する作用があるため、
やはり目を引きやすいカラーとも言えるでしょう。

注意や危険を知らせるカラーとして、
赤色共々使用されることが非常に多いカラーです。
視認性に優れており、
昼夜問わずはっきりと見ることができるため、
工事標識や道路標識、
黄色信号や警告カラーなどで目にしたことがある人も多いはずです。

また、広告媒体などでも使用されることがとても多いカラーです。
交感神経や副交感神経を刺激し、目を引くデザインをつくやすいため、
広告媒体や派手さを強調したいユニフォームなどでも、
積極的に取り入れられるのです。

遠方から発見しやすく、
闇にも溶け込みにくいため、
昼夜を問わず視認しやすいカラーです。

また、黄色い光には神経、皮膚、
消化器系に影響を与える作用があります。
これらの器官の動きを活発にして、
健康的な身体をつくっていく手助けとしても利用出来るというわけです。

代表的な方法としては、便秘がちの人のトイレで、スリッパや便座カバー、
カーペットや壁紙などに黄色を取り入れることで、
症状の改善に持っていくことが出来るというものがあります。

「黄色い声援」などの表現に見られるように、
聴覚部分との関わりも深いものとなっています。
明るい音のイメージや、
華やかな声のイメージとして登用されることも多いカラーなのです。

黄色の心理的効果は?

黄色には、親しみやすい印象を演出してくれる心理的効果があります。
明るく朗らかで暖かい印象のカラーであるため、
フレンドリーで接しやすい雰囲気がでるのです。

友達を作りに行きたいシーンや、
初対面の人とスムーズに会話を進めたい場合などに、
積極的に身につけて行きたいカラーであると言えるでしょう。

金運と結びつける傾向が多く、
風水などの影響もあり、
お金を呼び込むラッキーカラーとしての印象も強くなっています。

黄色とゴールドが似た色となっているため、
金銭そのものを連想するカラーにもなっているのでしょう。

その他幸福全体を引き込むカラーとしても人気が高いため、
占いグッズなどでも黄色いアイテムはとても多くなっています。

幼さを表す色としても使われることが多い黄色。
子どもの帽子の色や服の色として使われることが多くなっています。

自動車のドライバーから認識されやすいなどのメリットが考えられますが、
これは幼い子どもの気持ちを刺激して、
明るく幸せな気持ちにしてくれるからという使用も関係していると言われています。