茶色が持つ効果

心がすっと落ち着くアースカラー

茶色というと若い人から見てオジサン色、なんだかさえない色というイメージがあったようですが、最近はアースカラーがファッションの中でも人気となっていることで、茶色は使い方によって非常におしゃれになる色として人気があります。
但し、使い方が難しいためどのように取り入れていいかわからないという人も多いです。

アースカラーである茶色は大地、土、木の幹など、自然の中にある色です。
どっしりと支えてくれる雰囲気がり、茶色は落ち着きを取り戻せる色としても知られています。
非常にシックに感じるのですが、色の組み合わせでモダン的なカラーとして利用出来ます。

茶色という色はいくつかの色がある中にあっても揺るがない強さがあり、どこにいても存在感を発揮してくれる色です。
その為このカラーが持っているイメージには、ガンコ、新しいものを受け入れにくい、揺るがない強さといったイメージがあります。

心を落ち着かせるときに利用したい茶色

ちょっと疲れたからゆっくり癒されたいと感じる時、また癒しのスペースなどには必ずといっていいほど茶色が利用されています。
緑も自然を感じさせる色ですが、茶色も大地、土の色で心がふと落ち着く作用を持っているのです。

安定する、安心するという茶色の持っているパワーによって、心をしっかり落ち着かせることができますし、どっしりと地に足を付けている安定感があります。
また長い年月、大切にされてきたアンティークの色でもあり、シックで柔らかなイメージも持っています。

茶色を好むのはどんな人

茶色が好きという人はやはり若い人には少ない傾向があり、年齢は少々上、実年齢よりも上に見られることが多く、どっしり安定している人というイメージがあります。
何事にも経験が大切と、じっくり挑み、深い経験を付けながらしっかり実力を積み上げてける人という特徴があります。

しかしこのようにどっしりしたイメージの方ほど、やはりガンコ、人の意見を聞き入れにくい、新しいものにチャレンジする勇気を持たないなどのマイナス面もあります。
頼りがいがあり、こういう人が上司にいたらいいなというイメージの人物、またお父さん的なイメージもあります。

茶色というと敬遠される方も少なくないのですが、実はよくよく考えてみるとそばにいつもいてくれる人ではないでしょうか。
そばにいてくれることで心が安定し、いつもホッとできる空間を作り上げてくれているというイメージが茶色にはあります。

オジサン臭いとか若い感じがしないといいますが、こうした色が好きという人をじっくり観察すると、男性も女性も結婚にかなり向いている人と考える事が出来るのではないでしょうか。
心が落ち着いている人のそばにいれば、心の安定につながるともいわれます。