赤が持つ効果

青森のお祭り

赤色が持つ視覚効果は?

赤はやはり、非常に目立つ色です。
人の目をはっと引き付ける派手な色合いであるため、
認識されやすいカラーというわけです。

危険を表す標識やポスター、
呼びかけの文字などに大きく利用されることが多いのも理由のひとつ。

商業看板や宣伝媒体などでも、ここぞという目立たせたいところには、
赤を使う傾向が強いのもこれが理由です。

購買色としても、赤色はよく選ばれるカラーです。
カラーマーケティングにおいては、赤色を使用するか否かで、
実に20パーセントも売上が違ってくると言われています。

そう言われてみると、バーゲンセールの会場や、
特売広告の見出しには、赤色が利用されていることが多いと感じませんか?
赤は視界に飛び込んでくる、印象強いカラーでもあるのです。

この赤の目立ちやすさ、認識のしやすさは、生まれたばかりの新生児が、
出生後に初めて認識出来るようになる色は赤であると言われるほど。

そのため、生まれたばかりの小さな子どもを「赤ちゃん「赤ん坊」
「赤子」いった「赤色」にまつわる呼び方をする風習があるのです。

赤色が持つ心理効果について

赤色は代表的な暖色のひとつ。
太陽や火などの物質のカラーも赤色です。
ぬくもりを感じさせてくれる色合いとして、
寒いシーズンのファションカラーとしては非常に高い人気があります。

赤色をインテリアに使うことで、実際の体感温度も上昇します。
ある実験において、赤い部屋と青い部屋では、
実に3℃も体感温度が違っていたそうです。

また、生命力を呼び起こすカラーとしても知られています。
活発な気分になり、エネルギーの強さを彷彿させ、
気持ちを上向きにしてくれる効果があります。

興奮を促す色でもあるため、
アドレナリンの分泌を手助けする効果もあるのです。

食欲を増進させる色合いとしても知られ、
食事に赤色のものを盛り込むことで、
よりおいしそうに見せることが出来るとされています。

食べ物の写真を撮るとき、赤みがかかったライトを使ったり、
赤色をベースとした加工を施したりするのは、
その方がより食欲が増して、「食べたい」という気持ちを起こし、
「おいしそう」という印象を植え付けることが出来るからなのです。

一方で、赤色からは怒りや争いなど、
激しさから来る激情的効果もあります。

気持ちを沈めなければいけないシーンにおいての赤色は、
より火に油を注いで活発化させてしまう可能性もあります。

もちろん、良い印象のカラーとしても多く使われます。
その代表的なものは、「めでたさ」でしょう。

紅白まんじゅうや紅白垂れ幕、お赤飯やダルマなど、
お祝いごとのシーンで活躍するため、
人の心を華やいだ気持ちに持っていく効果もあるというわけです。